上司の信頼を得ることが需要

システム開発の基本は、顧客のニーズを正確に理解して、問題を解決するのに適したシステムを考案して形に仕上げることです。

SEの仕事の目標はこの観点からすると顧客の満足を得ることですが、ブラック企業に勤めているときにはその前に越えなければならないハードルがあります。

顧客にテスト品を見せるという段階に至る前に、まずは上司の満足を得る必要がある現場が多いからです。
自分で顧客の意見や要求を聞いたSEが納得できるレベルでのシステムを考案し、開発にまで乗せられたとしても、そのテスト品を見て上司が駄目出しを行うことは珍しくありません。
より高い要求を出されてしまい、システムの考案の時点から再検討しなければならない場合もあるでしょう。
システム開発を始めた当初の時点では気づかなかった問題点がテスト品を制作する頃になってから発覚することはよくありますが、ブラック企業の上司はその点のあら捜しに優れていることが珍しくありません。

そのときには理不尽だと感じたり、最初から言ってくれれば良いのにと不満に思ったりすることも多いですが、冷静になってみるともっともな指摘だとわかる場合もあるでしょう。

上司からの高い要求を解決することをやりがいに感じられるようになるSEもいます。
それだけ高い要求をクリアしたテスト品をクライアントに見せることで、既にその時点で満足してもらえる可能性も高くなり、成功経験が増えるにつれて厳しい上司を信頼するようになることも稀ではありません。